マンション・アパート

メンテナンスの重要性

メンテナンスの重要性

どんなにしっかりとした建物でも、施工が完了した時点から劣化が始まります。
新築直後は美しかった外観も、メンテナンスを怠ってしまうと、外壁の汚れや雨漏りなどが発生し、居住者・新規入居希望者の不安も生まれてしまいます。

定期メンテナンスを行うことのメリットにはどんなことがあるのでしょうか。

建物の寿命が向上します

一般的に鉄筋コンクリートの建物は、住宅の場合が47年、事務所などは50年の耐用年数だとされています。
しかし、メンテナンスを怠ってしまうとコンクリート部分以外の老朽化が進行し、建物の寿命が低下してしまいます。
特に外壁は直接雨や風、雪などにさらされており、亀裂や剥離部分から腐食、漏水の原因となります。

安全で快適な建物に

老朽化が進行してしまった場合、真っ先に影響するのが建物の美観です。
そして漏水や錆の影響で居住者の生活まで脅かしてしまう場合もあります。また外壁タイルの場合、剥がれたタイルが落下することで思わぬ事故に繋がる可能性もあります。

定期メンテナンスを行うことで居住者や利用者にとって安全かつ快適な建物を維持出来ます。

メンテナンスの重要性

新規入居者の獲得

賃貸物件、売買物件問わず、建物の美観は契約及び購入する際の選択肢に含まれてきます。
中でもアパート・マンションに関しては契約者自身が建物の外観を変えることは無いため、建物所有者によるメンテナンスが大切になってきます。
立地条件、築年数、設備等が同程度であった場合、建物をキレイにメンテナンスされている物件の方が魅力的に感じます。

業者選びのポイント

コストと品質と工事期間

下請けを利用する施工会社は、施工品質のばらつきや中間マージンの発生により割高になる場合があります。
自社で直接施工を行う会社が低コストで、施工内容も統一された品質になる例が多いです。

フォロー

大規模修繕工事は多数の居住者が生活する中で行われるケース、多くのお客様が来店する大型店舗で行われるケースがあります。
技術を持っていても、居住者及び来店者のストレスを考慮しない工事はお勧め出来ません。住民説明会は勿論、居住者の立場での工事計画や安全計画がしっかりと考えられているかもポイントになります。

実績

大規模修繕工事における施工実績は業者選びの大きなポイントになります。経験の浅い施工業者の場合、診断時に見落としがあるかもしれません。
実績が多数ある施工業者は、経験に基づいたアドバイスは勿論、居住者へのフォローにも期待出来ます。実績に基づき、品質を保った上での工期短縮も期待出来ます。

アフターフォロー

保証内容はしっかりしているか、定期診断はあるかなどは必ずチェックしましょう。
大きな建物は施工箇所が広範囲かつ多数になるため、アフターサービスの窓口を一元管理でスムーズに対応出来るかもポイントです。

メンテナンスの周期

メンテナンスの周期と修繕内容を下記表にまとめました。
※マンションの目安になります。

修繕項目 修繕内容 修繕周期
防水工事 屋上防水・開放廊下防水・バルコニー床防水 10〜12年
塗装工事 バルコニー天井 15〜20年
外部修繕 タイル躯体補修・外部塗装 8〜12年
鉄部塗装 階段手摺・フェンス 8〜12年

知識と技術による確かな施工

建築塗装技能士1級をはじめ、塗装工事を行う際に必要な足場の組立て等作業主任者や有機溶剤作業主任者資格を持つ職人が大切な建物を確かな知識と技術で施工を行います。

建物の工法・状態を把握出来るよう二級建築士も在籍しております。

千代田工業が提供する工事

千代田工業は下記工事を直接施工にて提供しております。
直接施工を行うことで、他施工会社が加わることで発生する中間マージンがありません。

防水工事

外壁塗装

鉄部塗装

木部塗装

外壁補修

タイル躯体補修

階段補修

廊下補修

仮設足場工事

※他項目などご指定下さい。

大規模修繕工事フロー

マンション・アパートの大規模修繕工事を行う場合、近隣や居住者への事前説明が必要になります。
千代田工業が行っている、安全且つ迅速に工事を進める為のフローをご案内します。


	1.お問い合わせ 2.建物調査診断 3.お見積り 4.ご契約 5.工事説明会 6.施工 7.工事完了検査 8.お引き渡し 9アフターサービス

トップへ戻る